浮気をしたくなる心理

妻の浮気は、本人はもちろん付き合う側にもリスキーなことなので決して楽しいばかりのことではありません。

しかし、そんな修羅場になったりするようなリスクを持ちながらも楽しみたい、遊びたいという人が減らないからこそ浮気という関係性は今も世の中に沢山あるわけですね。
さて、そんなリスキーな関係性ではあるのですがそもそも何故人は浮気をしたくなるのでしょうか?
心理的に、人はどうしてそういった危険な関係を推してまで楽しみたいのかということをみることで、自分が浮気を楽しんでみたいという風に思っていることを客観的にみることができますし、逆に自分の恋人にそういう関係に走らせたくない人は、してしまいたくなる心理を理解しておくことでさせないように自分で努力をすることができるわけです。
自分がしたいため、というのは勿論なのですがそれをさせないためにも一体どういう心理状態で不貞行為に走りたくなるのかということを理解しておくことはとても大切なことなのですね。

したくなる心理はどんなものか

こういった、本来はしてはいけない関係をしてしまいたくなる心理状態、というのは幾つかパターン分けすることができます。
現状や、恋人に対して満足を感じていなかったりしたいことができないというようなことからくる不満の動機。
恋人に満足していないわけではないけど、複数の異性と同時に関係を持つことで自分の性的魅力を実感したい、という承認欲求タイプの動機。
そして、イケナイことをしているというシチュエーションやスリルに興奮を覚える背徳的快感型の動機という感じです。
細かな違いはあれど、凡そイケナイ関係に手を出したくなる人というのはこの三つのどれかに分類されることが殆どです。
特にどれが多い、というものがあるわけではないのですがそれぞれの対処法やそういう欲求があるときにどういうタイプと相性がいいのかということを紹介しましょう。

それぞれの動機への対処法と似合うタイプ

最初に紹介した、不満型の動機に関してはもっとも対処が簡単で相手が満足するようにしてあげればいいだけです。
どんなに疲れていても、セックスにはちゃんと付き合う、デートなどの時間をちゃんと儲ける、日頃からちょっとした感謝や愛情の言葉を伝える努力をする。
基本的に、不満型のタイプというのは怠慢や油断によって起こるものですので意識的に恋人を大切にすればいいだけの話なので、甘えすぎはよくないということですね。
そして、自分がこうなってしまった場合は相手はセックス中に恋人のように接してくれる疑似恋愛を楽しませてくれるような相手が最も相性がいいでしょう。
そして、承認欲求タイプですがこちらに関しては対処する方法と言えば基本的に相手を認めてあげる、褒める、ということをして欲求を満たしてあげることですね。
ただ、この欲求も複数人にちやほやされないと満たされないという人は自己物件なので見切りを早く付けることですね。
そして、こういったタイプの欲求を持っている場合はとにかく自分を持ち上げてくれるような相手を選ぶといいでしょう、特に最初のメールのやり取りで褒め言葉を沢山言ってくれる人がお勧めです。
そして、最後の背徳欲求への対処法は関係性以外での背徳的な気分を満たしてあげることで、相手の欲求を解消することができると思います。
具体的には、コスプレやイメージプレイなどがお勧めとなるでしょう。
そして、自分がそうなってしまった場合付き合う相手として最適なのは相手に恋人や配偶者がいる人ですね。
人のもの、ということに対しては特に背徳的な快感が強くなりますので、強い欲求も満たすことができるのではないかと思います。


新着情報

◆2015/07/29
浮気をしたくなる心理の情報を更新しました。
◆2015/01/26
不満から始まる浮気についての情報を更新しました。
◆2015/01/26
リスクを楽しむ人との浮気は危険の情報を更新しました。
◆2015/01/26
浮気性な人間は遊び相手に最適の情報を更新しました。
◆2015/01/26
不満が長いと流れやすいの情報を更新しました。